• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校

【医学連企画】新専門医制度シンポジウム詳細


シンポジウム企画

新専門医制度のより良い運用に向けて

企画詳細


○日程:20161127日(日) 10:00~13:00

会場東京大学医学部教育研究棟13階(東京都文京区本郷731

主催:全日本医学生自治会連合(医学連)

対象:医学生、医師、一般市民 

費用:学生無料 / 一般500円(資料代として)

 

○企画概要

 2017年度からの実施が予定されていた新専門医制度は、地域医療の現場からは崩壊の懸念の声があがり、若手医師からはキャリア形成に対する不安を招くなど、医療界に大きな議論を起こしました。さらに、医学生の中でも「将来希望する診療科を選べるか不安」、「地域枠入学であり、働き方に制約が出てしまう」など、新専門医制度の上で将来の働き方に対する不安・懸念の声が高まっていることが、医学連の調査で明らかになりました。

 各方面からの声を受けて2017年度からの実施は延期されることが決まり、日本専門医機構の体制や制度設計も大きく変わろうとしています。新制度の議論がひとまず仕切り直しとなった今、改めて今回の制度が誰のため、なんのための制度なのかを確認する必要があります。そして、制度を利用する医師、将来の医療の担い手である医学生が、主体者として制度設計に参画することが不可欠です。

今回、様々な立場が抱えている不安の声を明らかにすることと、より良い運用のためのそれぞれの立場から行動提起をすることを目的とし、シンポジウムを開催します。

 

○当日の予定

10:0010:15 開会式

医学連委員長からの開会挨拶(企画趣旨説明)

10:1511:10 指定講演

1.吉村博邦先生 「新専門医制度の目的と背景」(20分)

2.石川広己先生 「地域医療の立場から~患者のための制度か」(20分)

3.森田知宏先生 「若手医師の立場から~専門医の意義とは」(15分)

11:1011:30 休憩

                            (会場の医学生・若手医師から質問用紙の回収)

                            

11:3012:50 全体討論

テーマ:「誰のための制度か、どのような研修を積み、どのような医師になるのか」

1.回収された質問からコーディネーターが質問(約30分)

2.フロアからの自由発言(約15分)

12:5013:00 閉会式


多くの皆様のご参加をお待ちしています!


▼医学連Facebook▼

https://www.facebook.com/igakuren/


▼シンポジウムポスター(PDF)▼

新専門医制度シンポジウム_ポスター.pdf


▼シンポジウムポスター(jpeg)▼

スライド1.JPG


  • 医ゼミ
  • 医師養成
  • 自治会活動
  • インタビュー
  • 医学連新聞
  • 新聞スクラッチ
  • 企画スケジュール
  • 医学生DATA
お問い合わせ医学連アンケート
facebook
  • pagetop