• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校

医学連の取り組みが紹介されました!!

 医学連が昨年201612月〜20173月にかけて行った、「目指す医師・医学者像についての意識調査」の分析結果を、この度m3の運営しているキャリアデザインラボにおいて紹介していただきました!

 

記事URLはこちら

◆「なりたい医師像がある」医学生の約半数-医学生4129人が考えるキャリアVol.1

https://career.m3.com/contents/lab/medical_student_suvey01.html

 

◆キャリアデザインラボのFacebookアカウントでも紹介いただいてます!

https://www.facebook.com/drlab.m3c/posts/793118927515969

 

 

   本調査は、"医学部の教育において、医学生がどれだけキャリア形成を考える機会を得られているかを解明し、これからの大学教育や新専門医制度の議論にフィードバックしていくこと"を目的として行われ、

・医学生はどのような時に医師・医学者像を考えるのか?また、そのような機会は医学教育の中で十分得られているのか?

・今の医学教育は医学生に対し医師になるモチベーションを与えうるものか?

・医学生が将来のキャリアについて悩みを相談できる場はどこなのか?医学生はどこに受け皿を求めているのか?

といった質問に加え、先週77日に正式に2018年からの制度運用が決まった新専門医制度に対する医学生の生の声も調査しました。

 

   今回、紹介いただいた本調査の分析結果は、今の医学生がキャリアに対して、また、自分達が将来主体者となる新専門医制度に対して、どう考えているのかをとらえ、その問題点や論点を提示したものとなっています。ぜひご覧ください!

 

   また、この分析内容は、8月に行われる医学教育での発表、3月に行われる厚労省交渉の場においても報告させていただく予定です。

新専門医制度の現状と論点

 

こんにちは!

今回は以前の会議で医学連として確認したことをご紹介します。


 新専門医制度への医学生の参画と意見の反映を訴えてゆくにあたり、まず開始間近の新専門医制度の現状を、615日に日本専門医機構が公表した「専門医制度新整備指針(第二版)」(以下、新整備指針)をもとに確認する。その上で、研修を受ける側の目線から「研修の質の担保」「ライフイベントとの両立」「地域枠医師のキャリアパス」「地域医療への影響」に焦点を当てて、医学連から新専門医制度に関する論点を紹介したい。


①研修の質は本当に担保されるのか?

 新整備指針によると、「地域医療を維持するために必要な施設において常勤の専門研修指導医を置くことが困難な場合、研修連携施設に準ずる施設を基幹施設の承認のもと研修プログラムに組み入れ、これらの施設での研修も各領域が定める気管、指導医が不在であっても研修として認めるように基幹施設の責任において配慮する。」としている。すなわち、指導医不在の連携施設における研修の質の担保は、その研修プログラムを承認する各学会と、それを実際に行う研修施設(基幹施設と連携施設)が責任を持っている。

 しかしながら、研修プログラム制に則った循環型の研修によって指導医不在の連携施設に派遣された専攻医にとって、「指導医から直接指導を受けられるのが週に1, 2回で、それ以外は基幹施設にいる指導医とコンタクトを取りながら勤務する」といった研修のあり方は、「自分の専門性が高められる研修が受けられている」と言えるのだろうか?


②ライフイベントとの両立について十分な配慮がなされているか?

 新整備指針によると、「特定の理由(海外への留学や勤務、妊娠・出産・育児、病気療養、介護、管理職、災害被災など)のために専門研修が困難な場合は、申請により、専門研修を中断することができる。6ヶ月までの中断であれば、残りの期間に必要な症例等を埋め合わせることで、研修期間の延長を要しない。また、6ヶ月以上の中断の後研修に復帰した場合でも、中断前の研修実績は、引き続き有効とされる。」としている。

 新専門医制度が、現在の初期研修医や医学生に広く受け入れられて活用されるかどうかは、研修とライフイベントの両立に関する不安を取り除けるかどうかが重要である。そしてこの点に関しては、研修カリキュラム制も視野に入れた柔軟な制度の運用がなされることが、新整備指針からも伺える。

 しかしながら、文書上では不都合がなく行えそうに見えるものでも、実際に研修を受けてみると事前に想定できなかった障害にぶつかることがあるものである。そのような場合に、専攻医は自分が感じた意見や要望をどこに申し立てれば良いのだろうか?(勤務している研修施設だろうか?研修プログラムを承認した学会だろうか?それとも専門医機構だろうか?)また、専門医機構にはそうした専攻医の声を各研修施設や各学会から集めて、制度の改善につなげてゆくための仕組みは確立しているのだろうか?


③地域枠医師・自治医大卒業医師は多様なキャリアパスを選択できるか?

 新整備指針によると、「地域枠入学や奨学金供与(給与・貸与)を受けている専攻医に関しては、機構は、地域枠や奨学金供与の義務の発生する各都道府県等及び各基本領域学会に対して、専門医制度を(研修プログラム制の下でも)適切に行えるように要請する。」としている。また、専門医取得を希望する義務年限を有する医科大学卒業生に関しては、「教育レベルが保持されることを条件に柔軟な研修カリキュラム制による専門研修を行う等、柔軟に対応を行う。」としている。

 しかしながら、現実的には自治医大卒業生をはじめとする「医師不足地域へ積極的に医師を派遣する地域枠」の医師にとっては、総合診療科・内科を除いた多くの基本領域での専門医取得が義務年限終了後に限られてしまうという懸念が依然として残っている。例えば、長崎県の地域枠制度は「義務年限のうち1/2以上の期間を離島で勤務すること」が貸与資金の返還免除を受ける上で必要となっている。そのため、離島の病院が研修プログラムの連携施設に組み込まれていない基本領域に関しては、義務年限内でスムーズに専門医を取得することは難しい状況である。現状では、地域枠医師・自治医大卒業医師のような義務年限を有する医師が、多様なキャリアパスを無理なく選択できるようにするための協議・調整がまだ不十分なのではないだろうか?


④都市部への医師偏在など、地域医療へ及ぼす影響は十分に考慮されているか?

 新整備指針の運用細則によると、「専攻医年度採用実績(過去5年間の平均)が350名以上の基本領域学会(現時点では、内科、小児科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、麻酔科、救急科の8領域)については、教育レベルを保つ観点から、原則として都道府県ごとに複数の基幹施設を置く基準とする。」としている。そしてこれには、幅広い疾患の症例が豊富な地域の中核病院も基幹施設と認定できるようにすることで、大学病院の医局に人事権が集中することを避け、都市部への医師偏在を助長させないようにする目的も含まれている。

 例えば、日本内科学会に関しては、研修施設(基幹施設と連携施設の合計)は現行制度と比較して2.4倍に増加し、また研修施設の分布も現行の294医療圏から344医療圏に拡大するという(1。そのため、より広範な地域の病院が基幹病院・連携病院として機能する見込みであり、医師偏在を助長させないための配慮が一定の効果を上げると予想される。

 しかしながら、先述の8基本領域のうち内科を除く7領域では、「基幹施設が大学病院1か所のみ」という都道府県が残っており、例えば日本小児科学会では、47都道府県中21県が「基幹病院は大学病院1か所のみ」となっている。これまで新専門医制度に関しては、地域医療への影響を最小限に止めるために様々な議論がなされてきたが、実際に「複数基幹施設の設置」などの基準が満たされないまま制度が開始してしまうようでは、今までの議論も無意味なものになってしまうのではないだろうか?


1: https://www.m3.com/news/iryoishin/53726


【60医ゼミin宮崎本番集約開始!!】

 

いよいよ医ゼミ参加集約が始まります!!
今年は記念すべき第60回目の医ゼミ!
開催地は24年ぶりとなる宮崎です!
みなさんの参加を心からお待ちしています!

-------------------------
第60回全国医学生ゼミナールin宮崎についてのご案内をさせて頂きます。
 
全国医学生ゼミナール(医ゼミ)は、全国から医療系学生が数百名規模で集まる医療系学生最大級の自主ゼミナールです。
 
今年は宮崎大学が主管校に決定し、【8月11日~13日】に開催されます。
第一線で活躍される方々の講演会や、学生発表、分科会、交流会など様々な企画が予定されています。
 
①メインテーマ
「地域に生きる~学びの先の実践者として~」
 
今や人々の健康はその医学的要因だけでなく、社会的、経済的、政治的、環境的要因に広く影響を受けることが認められ、健康の社会的決定要因(SDH:Social determinants of health)の視点として注目を浴びています。また、健康づくりは地域づくりの一環として、医療者や行政、地域の住民が連携した取り組みに広がっています。
 
多様な地域、多様な人々が生きる社会の中で、個人の健康は何によって決定されるのか。地域の一員である医療者にはどんな役割があるのか、何が求められているのか。この夏、どこよりもアツい宮崎で、学び考えてみませんか・・・?
 
 
②平和企画テーマ
「医療者が平和を考える意義(仮)」
医ゼミでは長い間、平和についての学習を重ねてきました。
医療と平和がどのように結びついているのか、医療者として平和をどのように考えていくか、今私たち医療系学生が知っておきたい社会のことについて、一緒に学んでいきましょう。
 
 
③本番講演会
●8月11日 全体企画(未定)

●8月12日 15:00〜
 近藤 克則氏 講演会
 (千葉大学予防医学センター教授・第24回千葉医ゼミ現地実行委員長)
 医ゼミでは毎年、なかなかお話を伺うことができない著名な先生方のご講演を聞くことができるのも魅力の1つ!
 今年の医ゼミでは、千葉大学教授である近藤克則先生をお招きしてご講演頂きます。
 先生のご専門は、健康の社会的決定要因(SDH)に関する研究で、ご講演でも「社会」と「健康」の関係についてお話し頂く予定です。「Social_Capital」や「SDH」の視点から、今年のテーマである地域と医療の関係について学びます。「Social_Capital」とは?  「SDH」とは?「健康格差」とは?「そもそも医療担う上でどうして社会や地域に視点を当てるの?」など分かりやすくご講演頂く予定です。
 
 
④分科会発表
 8月12~13日の期間に行います。
分科会とは医ゼミ参加者が学んできたことを全国の仲間に向けて発表する場です。90分の中で誰でも、自由に発表できます。例年、50ほどの分科会が集まり、参加者はその中から自分の興味あるテーマを選んで聞くことができます。
分科会集約の連絡は別途流しますので、そちらをご参照ください。

医ゼミについて・企画の詳細内容については、facebookの「全国医学生ゼミナール」のページをご覧下さい。
 
 
~全国準備期間(全準)について~
60医ゼミin宮崎の全準が7月29日からスタートします!
 
【7/29~8/9】が全国準備期間となります。また、本番後の【8月14日】には、本番を振り返る企画「第5回全国準備委員会(5準委)」が行われます。
 
医ゼミはすべて学生の手作りです。全準期間では本番用のレポートを書いたり、テーマについてみんなで議論したり、役割分担を決め、医ゼミの準備を進めます。
医ゼミを作ってみたいという人は、ぜひ全準からご参加下さい!
全準でも、講演会などの学習会や交流会も用意されており、気軽に参加して頂きたいと思います。
 
なお、【9日の12時まで】に参加された方は「全準宿舎」、11日以降に参加された方は別会場の「本番宿舎」へ宿泊していただくことになります。9日12時すぎ~10日からの参加となると、その期間は自分で宿舎を確保していただくことになります。ご注意ください。
 
 
<参加申込>
本年度は、googleフォームでの個人での申し込みとなります。

学生の申し込みにつきましては、医ゼミ代表者メーリスを通じて申し込み用URLをご連絡しています。

そちらのURLより申し込みをよろしくお願い致します。

一般で参加される方は以下のアドレスにご連絡ください。

info@igakuren.com
 
 
一次締め切りは、【7月11日(火)】となります。
みなさんお誘いあってご参加ください!

第34回医学連大会の報告

 平成29318日~20日に東京都文京区の林野会館にて、

全日本医学生自治会連合第三十四回定期全国大会(医学連大会)を開催しました。

医学連大会の詳細についてお伝えします。


 全日本医学生自治会連合(医学連)とは、

全国25大学の医学部学生自治会が加盟する全国組織です。

各地の学生自治会では

「自習室を拡充してほしい」「食堂の営業時間を延長してほしい」などの

医学生の要求を実現するために、

学生の声を集めて大学側と交渉するなどの活動を行っています。

医学連は各学生自治会のナショナルセンターとして、

各大学の自治会同士をつなぐ架け橋となったり、

医学教育や卒後研修制度の改善のために全国の医学生の声を国に届けたりするなど、

全国的な課題に取り組んでいます。

 そして、そのような医学連の活動を総括し、

来期の方針を決定する場が医学連大会です。

医学連大会で決議案が提起され、

全国の加盟自治組織から派遣された代議員の承認を得ることで

決議が可決され、その方針に沿って医学連は活動していきます。

 以下に、第三十四回医学連大会決議の冒頭を掲載します。

 

「第34回定期全国大会へようこそ!

 全日本医学生自治会連合(以下、医学連)は、

全国民の利益に基づき、全医学生の利益を守るため活動しています。

そのための交流や連携、情報収集・発信を絶えず行うとともに、

全国各地の医学生の自治活動に支えられ、民主的に拡大・強化してきました。

 私たちは想像以上に多くの時間を医学部キャンパスのなかで過ごしています。

講義室で講義を受ける、学生食堂で友人たちとランチをする、

臨床実習で回った病棟で患者さんと直に相対する、

テスト前には図書館や自習室で深夜遅くまで勉強し、

休日には体育館やグラウンドで部活動に励む...

このように、日常生活の多くの時間を過ごす医学部だからこそ、

「もっとこうだったら良いのに...」という思いを誰もが持っています。

また、将来、医師という社会的な責任を持った職業に就くにあたり、

「この授業内容で本当に力がつくのか...

「あるべき医療の姿や社会から求められている医師像とはどのようなものなのか...

などの不安な想いや悩みも、多くの医学生が抱えているところです。

こうした医学生のさまざまな願いを束ね、不安を解消し、

要求の実現へ力を合わせるのが学生自治会と医学連の活動です。

 この定期全国大会は医学連の方針決定の最高機関であり、

全国の医学生の声、要求の集約をし、

全国から参加した加盟大学の学生自治会代議員他、多くの参加学生との議論に基づいて、

今後の医学連の方針を議論し決定します。

 この決議案は、今年1年間の「全国の学生自治会の取り組みや成果」と

「医学連の活動や成果」を振り返ってまとめ、

これから1年の活動の基本方針を掲げた大切なものです。

医学生の声をよく反映させたものにしていくために、

医学連が責任を持って作成し、全国の加盟自治会に提起していきます。

この決議を作成するにあたり、普段要求の聞き取りができない大学も含めて、

広範の医学生の要求の吸い上げを行い、議論の参加を促すことで、

全国の医学部自治組織の一体感や大きな展望を生んでいきたいと考えました。...

 

 今年の第34回医学連大会では、中央執行委員会から決議案、決算、

予算案についての報告があり、大会正式構成員によって承認されました。

 大会期間中は議決だけでなく記念講演、学習講演を通して

学生自治や医学教育、医師養成を取り巻く情勢などについて学習し、

ディスカッションを重ねました。

また、各地の自治会の取り組みの交流を行い、

これからの展望について学生同士で語り合いました。

 

【大会決議案報告】

 決議案とは、これまで1年間の全国の学生自治会と

医学連の取り組みや成果について振り返り、

これからの1年間の医学連の活動方針を決める重要なものです。

大会では、参加者全員の決議案に対する意見を集め、よりわかりやすく表現し、

活動方針を補足・追加するなどして決議案を深めました。

 決議案は4章構成になっており、内容は以下の通りです。

 

第1章 いま大学自治を考える~学生自治会、医学連の意義と魅力とは~

 学生自治会の取り組みは多くの学生の多彩な要求を集め、

一致点を見出し大学運営に参画していくことであり、

医学連はその全国組織として医学生を代表するとともに、

各地の学生自治会同士をつなぐ役割を果たしていることを確認しています。

また、全国医学生ゼミナールの主催団体のひとつとして、

医学生の学びたい・交流したい要求にこたえている点についても述べられています。

 

第2章 今の医学生を取り巻く現状

 医学教育がグローバルスタンダードを満たすために大幅なカリキュラム改定がなされており、

多くの学生が戸惑っていることや、

理解が十分に得られていない状況での新専門医制度の施行について、

多くの学生がキャリア形成に対する不安を抱いている現状などが述べられています。

 

第3章 学びがいのある医学部、より良い医師養成を目指して

 1,2章の内容を踏まえて、当事者として医学教育や臨床研修制度に

参画することの重要性について述べられています。

医学連では今年、自治会交流集会で医学教育を学ぶ場を提供したり、

日本専門医機構と懇談を行うなどの活動を行ってきました。

また、医学連は大学の環境改善や予算拡充のために全国調査や省庁交渉を続けていること、

さらに医学生の自主的な学びの要求にこたえる取り組みとして

医ゼミの開催に責任を負っていることも確認しました。

 

第4章 自治会活動、医学連の活動の発展に向けて
 各大学で新歓を積極的に進めたり広報に努めたりすることが提起されました。

全国の学生自治会の交流を図る自治会交流集会はもちろんのこと、

今までつながりの持てなかった私立大学や未加盟校との懇談にも積極的に取り組み

医学連の輪を広げていくという決意が述べられています。

 

【大会全体の報告】

 医学連の中央執行委員会からは決議案の報告のほかに、

3月に行った厚労省・文科省交渉についての報告(前号の医学連新聞に掲載)を行いました。

また、自治会取り組み紹介では弘前大学、群馬大学、信州大学から発表がありました。

 以上を踏まえて、ディスカッションでは学生自治を行う意義や、

医学連のナショナルセンターとしての役割を改めて確認することができました。

また、宮下先生の主権者教育についての講演から、

医学部の学生自治での小さな成功体験の積み重ねが主権者意識を生み、

社会を主体的に生きるための原動力につながるという意見が多く上がりました。

 1日目と2日目の夜には、宿舎で交流会を開催しました。

今年は学生自治会からの参加者が多く、各大学の自治会交流がさかんに行われていました。

自治会の初心者からベテランまで幅広い学年が集まり、悩みやノウハウ、

自治会活動の意義の共有が行われ、多くの学生が刺激を受けている様子でした。

 大会最終日には全体討論と決議の採択、役員選挙が行われました。

全体討論では決議案に対する意見のほかにも、

多くの参加学生が医学連大会の感想やこれからの抱負を語ってくれました。

一人ひとりが学生自治の意義を自分の実感として解釈し、

自分の大学では何ができるかを見据えることのできた3日間でした。

 

【学習講演会 吉村学氏】

~医師養成に求められる地域の視点~

第34回定期全国大会の2日目の学習講演では

吉村学先生(宮崎大学医学部地域医療・総合診療学講座教授)にお越しいただきました。

ご自身が勤務されていた岐阜県で実践されていた地域医療や、

宮崎大学で現在医学生に対して行っている地域医療教育について

実例をあげながらわかりやすくお話いただきました。

 

吉村先生は長い間岐阜県でへき地医療を行いながら、

先生を訪ねてきた医学生や研修医たちに患者さんの実際の生活を肌で感じるために

患者さんが病院から帰る際に付き添う実習や、

患者さんと医療者のつながりの大切さを実感するために

患者さん宅に宿泊する実習を行うことで地域医療の素晴らしさが伝わるような活動をされていました。

また、宮崎大学に移られてからは「地域医療をさらに活性化させるためには教育が大切になる」と考え、

地域医療に対して魅力を感じることが出来るように、

医学部入学前、在学中、卒業後と長い時間をかけて

地域医療について学べる機会を数多く設け、

地域医療教育のパイプラインを形成することを心がけているとお話いただきました。

 

講演会は吉村先生の地域医療活性化に対する情熱が

ひしひしと伝わってくるものでした。

参加した多くの学生は自分の行いたい医療を改めて考える機会となり、

非常に良い刺激を受けることができました。


【学習講演会 宮下与兵衛氏】

 18歳選挙権と民主主義

 宮下与兵衛先生(首都大学東京 特任教授)にお越しいただき、

日本と世界の主権者教育について、選挙や自治の話題を交えてお話していただきました。

 現在、日本の若者は政治に無関心だと言われます。

しかしながら、その背景には「主権者教育の欠落」という根本的な問題がありました。

海外では、子どもは中学生のときから学校運営に関する委員会に参加し、

自分たちの意見を伝えていくことによって主権者意識を学びます。

一方、日本では選挙権を持つ以前にそのような体験をすることはほとんどなく、

若者の中で社会に参画する意識が育たないのは当然の結果ともいえます。

 主権者教育が政治への関心に影響を与えていることや、

特に海外の子どもたちが学校運営に参画する機会を与えられていることなどは、

初めて聞いた学生が多いようでした。

また、今回の話を受けて、改めて学生自治の重要性について話し合う場面も見られました。

 

 

『目指す医師・医学者像についての意識調査アンケート』へのご協力ありがとうございました。2017年3月31日をもって、回収を締め切らせていただきます。2月時点で35大学から1742人の医学生より回答が得られましたが、追加分も現在集計中です。医学教育学会に向けて報告ができるように準備をしていきます

また後日、中間報告も載せますのでご覧ください。

2017年4月4日
全日本医学生自治会連合 第34期中央執行委員会


  • 医ゼミ
  • 医師養成
  • 自治会活動
  • インタビュー
  • 医学連新聞
  • 新聞スクラッチ
  • 企画スケジュール
  • 医学生DATA
お問い合わせ医学連アンケート
facebook
  • pagetop