• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校

医学連の詳しい説明

卒後研修改善はじめ、多彩な要求を実現してきました。

例えば、卒後研修改善の取り組みは・・・

 2004年度卒後研修必修化が迫り、いよいよ各界の議論も高まってきています。が、そのなかで研修の過酷な実態が浮きぼりになり、「身も心もボロボロの研修医に診てもらいたいか?」「こんな研修では国民に責任もった質の高い医療を提供できない」と社会的な世論も巻き起こっています。その一つのきっかけとなったのが、医学連が研修医・指導医に行ったアンケートで明らかになった「研修医の8割が単独診療を経験し、うち9割が不安を訴えている」という事実でありました。今まさに研修医の身分保障から、教育の保障や研修先の自由などが求められています。近年では新聞記者、医師会、大学教官らと共にシンポジウムを開催したり、全国一斉の改善署名、ビデオ学習会を精力的に行っています。今後ともその実態と課題を明らかにするとともに、よりよい研修を求めていきましょう。


テレビ朝日系「ニュースステーション」によって関西医大研修医過労死問題がクローズアップされるなかで、医学連の取り組みが紹介されました。 大手新聞(読売、朝日等)で報じられる医学連の研修医・指導医アンケートの結果。卒後研修の貧困な状況が浮き彫りになりました。

医学生の声・想いに基づいて、多彩な要求を実現してきました
その他、医師養成に欠かせない医学教育改善、施設改善等にも積極的に取りくんでいます。

医学連は、医学生の学び交流する場「全国医学生ゼミナール(医ゼミ)」を責任もって応援していきます。

 近年は「医師像を真剣に考える場所がない」というのが医学生の実情のようです。医学生の「学び成長したい」という想いに応え、一つの要求実現として自治組織が取り組むのは非常に大切です。もう一方で、「医ゼミで明らかになった社会的課題を積極的に解決していく学生組織」、「医ゼミ開催校の負担軽減」と「企画を高めるための年間を通じた取り組み」の必要性も高まり、1986年の愛媛医ゼミのときに医学連が結成されました。ですから医学連が責任もって医ゼミ現地実行委員会とスクラムを組み、医ゼミにおける「私たちの学び」を責任もって応援していきます。

 各界の著名人による学習企画を数多く開催してきました!
ノンフィクション作家柳田邦男氏を講師に21世紀に求められる医療・医師像を考えました。19期医学連全国大会(2002年3月17日)にて。
医学連の開催する卒後研修を考えるシンポジウムでは各界の方々の幅広い参加と共感を得ています。2001年は患者団体である医療人権センターCOML、医師会や新聞記者をシンポジストとしてお招きし、多面的に展開されています。

医ゼミホームページ http://www.izemi.com/

医学連は医ゼミ主催団体の一つとして年間を通じての運営や過去の医ゼミの蓄積を責任持って行っています。(写真は2002年3月21日医ゼミ全国準備委員会での記念撮影。全国の皆さんの参加を呼びかけます!)

医学連結成当初から卒後研修改善を訴え、多彩に活動してきました。

卒後研修改革を動かした医学生の力

調査
テレビ(NHK、日本テレビ、テレビ朝日出演)・新聞
漫画「ブラックジャックによろしく(講談社)」に研修医の実態告発が大反響

医学連はアンケート調査に基づき「研修医の単独診療」「過酷な労働条件」などの現行研修の問題を指摘してきました。 2001年の調査は大手紙、漫画・ドラマ、報道番組で引用され、世論を大きく変える役割を果たしました。

実態をふまえ 改善点の解明にも努めてきました。
交渉

医学生唯一の全国組織として政府・国会に働きかけてきました

 医学連は医学生の代表として政府や国会に直接働きかけて医学生の声を国に届けてきました。厚生労働省との交渉は過去10年で15回にのぼります。過去2回、医学生による署名の国会採択を実現し、研修予算増額を勝ち取ることができました。

医学・医療関係者との懇談も進め、
協力の輪を広げています

  • 臨床研修検討部会委員
  • 臨床研修ワーキンググループ委員
  • 日本医師会理事
  • 医学教育学会会長
 など様々な方々と懇談してきました。

医学連の取り組みと実績

 医学連は医学生の要求にもとづいて、日々活動しています。このページでは、医学連の取り組みの中で、主だったものを紹介します。

1.2003年春に取り組んだ署名が、国会で採択されました。

 2003年5月から全国の医学生を対象に「医師の卒後臨床研修に対する国の十分な予算措置を求める緊急請願署名」に取り組んできました。そして、なんとこの署名が7月28日の衆議院厚生労働委員会で「採択」されるという画期的な成果を上げることができました。

 これにあわせて、厚生労働省は8月、2004年度予算の概算要求で研修医の処遇改善や指導体制を拡充するための補助金として、約212億円を要求することを決めました。また、国立大学病院・国立病院に関しても文部科学省が約141億円の概算要求を提出しています。卒後研修の抜本的な改善に向けて歴史的な一歩を踏み出しました。

2.鳥取大学内サークル棟の改善要求に応えました。

 2000年度の文部省交渉において、鳥取大学のサークル棟がぼろぼろな状態であることを具体的に指摘したところ、「改善の緊急性が認められる」という一致が取れました。その後、すぐさま改善の措置が取られ、今では改修されたサークル棟になりました。

 このように、大幅な予算が必要なことも医学連を通じて要望を出すことで実現することが出来ます。

  • 医ゼミ
  • 医師養成
  • 自治会活動
  • インタビュー
  • 医学連新聞
  • 新聞スクラッチ
  • 企画スケジュール
  • 医学生DATA
お問い合わせ医学連アンケート
facebook
  • pagetop