• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校
医学連は、学生自治会単位で加盟します。
学生自治会は、学生の様々な思いの実現のために活動する組織です。
「自治会活動ってそもそも何だろう?」
「各地の自治会ではどのような活動をしているのだろう?」
医学連では、こうした自治会活動を応援する取り組みもしています。

信州大学で学生総会が成立!

年末は学生総会シーズンです!
どの大学も、厳しいカリキュラムの中、学生総会の成立のために様々な工夫を凝らしています!!
自分の大学では、なにが医学生にとって重要な問題か、どうしたら自治の意識をもってもらえるかと試行錯誤し、何日もかけて準備しています。

今回は、州大学医学部学生会から、学生総会の報告が届きましたので紹介します\(^o^)/!!

~~~
信州大学では、10月7日に学生総会を行いました。

大学と学生をつなぐ架け橋であるという学生会の説明やこれまでの実績の話から始まり、学生会の意義や役割を学生全体に伝える機会となりました。
決議案は、9月に行った全学生に対するアンケートをもとに作成されました。学生会では、アンケートを行う前に、学年ごと異なった要求と全学年共通の要求があることに着目し、要求をより具体的な形でくみ取れるよう工夫してアンケートを作成しました。

学生総会では、学生一人ひとりの実感に基づく議案提起がなされ、会場が盛り上がる場面もありました。

総会の最後には「全国医学生ゼミナール主管校への立候補」に関する決議案の承認も行いました。医ゼミと医学連、そして各地の自治会との関係について説明がなされたうえで、全会一致で承認されました。

今後信州大学の学生会では、承認された決議案をもとに大学との懇談を行っていきます。また、カリキュラムの大幅な改革が行われる予定で、そのことに関して全学生にアンケートを取り、学生の意見をカリキュラムに反映させるため取り組んでいきたいと思っています。

この1年間の宮崎大の自治会の取り組みにより、4月から宮崎市清武にある医学部キャンパスにも生協の食堂が導入されることとなりました。以前から、学生からは「(現法人が経営する)食堂のメニューがまずい」「味のわりに高い」といった不満の声が自治会に寄せられていました。

転機となったのは昨年6月のことでした。今年度(2014年度)いっぱいで現法人が撤退するという情報をいち早く得た自治会のメンバーは、本学キャンパス(学園木花台西)にある生協本部と交渉を開始。2015年度からの生協食堂の誘致をめざし、これまでの学生から得たアンケート結果などを参考に、どのような食堂にするかを生協と協力して考えてきました。

宮崎大学医学部自治会長は「とりあえず4月からのスタートまで達成できた。以前から食堂に対する不満の声が学生から上がっていたことと、それを継続的にアンケートなどで集めていたからこそ、素早い対応ができた」と語ります。また、「導入からしばらくすれば、学生からは新たな不満が出てくるだろう。定期的なアンケートなどを取って、学生と生協と協力してより良い環境を作っていきたい」とも。


医学連新聞252号より

自治会交流集会、無事に終了しました

 1122日土曜日に、東京にて医学連主催の自治会交流集会が開催されました。企画は主に、医学連の活動報告、奥野開斗先生による学習講演会、各大学の自治会取り組み紹介の順で進行しました。それぞれについて簡単に内容をお伝えします。


 まず、医学連の活動報告についてです。ここでは、医学連そのものがどういった団体であるのかといった説明から、ここ一年で医学連の行なった医学教育に関するアンケートや医ゼミについての報告をさせていただきました。医学教育に関しては、最近は世界基準に合わせるためカリキュラムの変動が多く、今後も活動を続けていきたいと考えております。

 次に、奥野先生による学習講演会についてです。この講演会では、先生の学生時代のご経験から、医学部学生自治会や医学連の意義などと併せて、学生のうちから将来を考える意義についてもお話しいただきました。卒業後の研修制度などの歴史については詳しく知らなかった学生もいたため、面白かったという声が多く寄せられました。過去を振り返り、未来を考える良い機会になったと思います。

 最後に、自治会交流集会に参加して下さった各大学の自治会取り組み紹介についてです。それぞれの大学の教育や学生生活についてより良い環境を作ろうという熱意の伝わる発表でした。質疑応答の時間では、意識の高い学生が多く集まったこともあり、これまでに例を見ないほど盛り上がりました。さながらテレビなどで中継される討論がなされているようでした。各大学で問題とされていることが他大学でも同様に問題とされていたり、状況が反対であったりと様々で、自治会活動をしている学生たちの普段の活動に活かせるようなヒントが多く散りばめられた密度の濃い時間になりました。

 

 医学連としては、この企画を機に、全国の医学部学生自治会の活動がもっと盛り上がっていけばと思っています。また、この度学んだことを活かして活動を続けてまいりたいと思います。


最近寒さが厳しくなってきましたが、みなさまお元気でしょうか?

明日11/22にいよいよ自治会交流集会が開かれます。

「他の大学の自治会はどのように活動しているの?」「この問題の解決策が分からない...」といったことについて、情報交換をすることができます。

皆さんのご参加、お待ちしております!


【会場】 林野会館603会議室

【費用】参加費:無料 宿泊費:5000円 交流会費:300円

【日程】11月22日(土)
12:30 受付開始
13:00 開会
13:10 自治会セミナー
14:10 班別交流
15:30 自治会取り組み紹介
16:30 班別交流
17:30 移動・夕食
21:00 宿舎にて交流会


また、翌日23日(日)には「医学教育シンポジウム

『医学生として将来を考える~私たちは誰のため、何のための医師になるのか~』」を企画しています。

新専門医制度が決まりつつあり、各大学のカリキュラムも大きく変わる中で、今医学生に求められることは何かを探ることを目的としたものです。

詳細をお知らせします。

■日程
11月23日(日)
10:00~13:30

■医学教育シンポジウム
「医学生として将来を考える
~私たちは誰のため、何のための医師になるのか~」

■内容
専門医制度が新しくなり、
各大学のカリキュラムも大きく変わる中で、今、
"医学生に求められることは何か"を探ることを目的とし、
医学教育に関わるそれぞれの立場からの発言を予定しております。

■登壇者
・全日本医学生自治会連合
・東京大学医学部有志「私が東大医学部に公開質問状を出した理由」
・岐阜大学医学教育開発研究センターMEDC 講師  藤崎 和彦先生
・日本医師会常任理事 石川広己先生

■会場
東京大学本郷キャンパス


■22日の自治会交流集会、23日の医学教育シンポジウムに関してのお問い合わせ/お申込
①氏名
②学園
③学年・学科
④参加日
⑤性別
⑥宿泊の有無
を明記の上、info@igakuren.com(03-5840-8263)までご連絡ください。

※シンポジウムに参加される一般の方は事前申し込みは必要ありません。





医学生自治会交流集会 開催決定!

11/22(土)に自治会交流集会を開催します。

自治会交流集会は年に一度全国の自治会の方々を集めて各地の取り組みについて知り、情報を共有しています。

医学連の活動の1つとして「1つの大学では取り組めない問題(予算や医学教育全体に関わること)に取り組む」というのがあります。

各地の大学での悩みや解決方法を共有してそれぞれの大学にフィードバックしていきたいと思っています。他大学の取り組みを知る良い機会になると思うので、ぜひご参加ください。

【会場】 林野会館603会議室

【費用】参加費:無料 宿泊費:5000円 交流会費:300円

【日程】11月22日(土)
12:30 受付開始
13:00 開会
13:10 自治会セミナー
14:10 班別交流
15:30 自治会取り組み紹介
16:30 班別交流
17:30 移動・夕食
21:00 宿舎にて交流会

【申し込み方法】①氏名 ②大学・学科 ③学年 ④参加日 ⑤性別
⑥宿泊の有無を明記の上、info@igakuren.comまで。

詳しくは下記のチラシをご覧ください。


翌日23日(日)には「医学教育を考えるシンポジウム(仮)」を企画しています。

新専門医制度が決まりつつあり、各大学のカリキュラムも大きく変わる中で、今医学生に求められることは何かを探ることを目的としたものです。

現在講師として来ていただきたい方と交渉しておりますので、決定次第お知らせします。



お問い合わせ医学連役員ブログ大学施設アンケート
facebook
  • pagetop