• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校

<自治会インタビュー>新入生のみなさんへ

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。また、在学生のみなさんもご進級おめでとうございます。この春から環境や気持ちを新たにして頑張る方々も多いのではないでしょうか。
 群馬大学医学部では新歓の時期には新入生が親睦を深め、新たな環境に慣れてもらおうと様々な行事があります。運動部が所属する運動部会、また文化部が所属する文化部会によるクラブサークル紹介や、1,2年生が参加する伊香保での1泊2日の「ゆうすげ」と呼ばれる宿泊行事などです。これらは、入学式のある週に全て行われますので、新入生は最初は圧倒されながらも、次第に同級生や先輩との親睦を深めてゆきます。

 私が所属する学友会執行委員会(以下、学友会)は、群馬大学医学科内の自治組織です。
 学友会では、新歓の時期は入学式での新入生の誘導や、また新入生に学友会という組織の説明を行い、学友会に加盟してもらい、学友会内の専門委員会の委員となる学生の選出も行います。新歓時期を過ぎると、新たに執行委員となった新入生とともに、前期末、後期末の年2回、教職員の先生方に講義や施設面での学生の声を届ける懇談会・懇親会を開催したり、全学生を集め、1年間の自治活動の報告やこれからの自治活動の方針の承認を行う学生大会を行ったりします。
 また、この夏群馬では「第59回全国医学生ゼミナール(医ゼミ)」が開催されます。医ゼミは長い歴史を持ち、これまで専攻や大学の壁を越えた医療系学生の学びの場となってきた企画です。この群馬の地に多くの医療系学生が集い、学びの場となり盛り上がることを願っております。

群馬大学医学部医学科学友会執行委員会委員長
(2016年4月20日 医学連新聞256号より)
  • 医ゼミ
  • 医師養成
  • 自治会活動
  • インタビュー
  • 医学連新聞
  • 新聞スクラッチ
  • 企画スケジュール
  • 医学生DATA
お問い合わせ医学連アンケート
facebook
  • pagetop